安全で質の高い医療を行い、地域社会へ貢献する 医療法人芳恵会 三好病院 三好医院

看護部|看護部概要

トップページ  >>  看護部  >>  看護部概要

看護部長挨拶

看護部長・副院長 日野文子看護部長・副院長 日野文子

 三好病院は、整形外科の周術期や慢性疾患、終末期等の患者さんを受け入れる一般(急性期)病棟と積極的治療は必要としないが、在宅での生活が困難な慢性期の患者さんを対象とした医療療養型・介護療養型病棟という機能の違う3病棟で運営されており、看護者は多岐にわたる看護経験を積むことができます。 看護部では人権を尊重した、安全で質の高い看護を目指しており、患者さんや家族の方々の思いや辛さを理解しようとする心を大切に、チーム医療のキーパーソンとして、生活支援、意思決定支援を心がけています。医療(内容)と患者さんの思い、その優先度に対して倫理的ジレンマを感じる心を大切にして、皆で話し合いながら取り組んでいきたいと思います。
 また、看護者がバーンアウトすることのないよう自分自身も大切に、自身の生活と上手に両立しながら、長く働き続けられる魅力ある職場づくり、自ら学べる体制づくり、認め合い助け合える仲間づくりを目指します。看護は職業としてのキャリアアップが、その人の人間的成長につながる専門職です。
患者さんにより良い看護の提供を考えながら、皆でともに成長していきましょう。

看護部の基本方針

  1. 患者さんの人権を尊重した看護を実践します
  2. 地域の人々の健康と福祉に貢献します
  3. 専門職業人として、より質の高い看護を求め、自己研鑽に努めます
  4. 安全な看護を提供する基盤の確立に、積極的に参画します
  5. 他部門との信頼関係を保持し、チーム医療を推進します

看護部の目標

平成30年度看護部重点目標
  1. 安全で安心な療養環境を提供する
    • コミュニケーションを円滑にし、医療事故の発生を防ぐ
    • 職業人として自己研鑽する
    • 倫理的な視点をもって看護を実践する

  2. 働きやすい職場づくりをする
    • 看護職の定着率を高める
    • 個々の役割を理解してチームワークを高める

  3. 各部門・各部署の連携と協働を推進する
    • チーム医療のキーパーソンとしての役割を担う
    • 専門職として根拠に基づいた業務改善を行う

看護体制

看護単位 4単位(病棟3、外来・手術室1)
看護方式 チームナーシング 受け持ち制
勤務体制 2交替制 早出、遅出

各部署の目標

平成30年度各部署の目標

一般病棟

  1. 安全で安心な療養環境を提供し、医療事故を未然に防ぐ
    • インシデントレベル0を月10件以上目指し、安全の意識を高める
    • ミ-ティングやカンファレンスでアクシデント、インシデントについて 情報共有でき、対策を検討し評価する

  2. 専門職としての自覚をもち、看護実践する
    • 倫理カンファレンスを月1回開催する
    • 院内研修参加率60%、院外研修参加率50%を目指す
    • 個々の役割に応じた「報告・連絡・相談」を円滑にすることができる

  3. チームワークを発揮し、働きやすい職場環境をつくる
    • 個々の役割を理解し、委員会、チーム、係の目標と年間計画に基づき活動し部署会で 報告する
    • 他部署との連携や問題について部署会の議題で提示でき、解決策を見出し業務改善する

療養病棟

  1. 部署内の「報告・連絡・相談」を徹底し、患者に安全で安心な看護を提供する
    • インシデントのレベル0を月3件以上報告する
    • 院内外の研修で得た知識を、部署内で研修報告し情報共有する

  2. 個々の役割行動を理解したうえで、協力し合って業務を円滑に進める
    • 仕事の始業、終業は笑顔で挨拶する
    • お互い声をかけ合う習慣を身につけ、チームとしての業務を完結する

  3. 他部門・他部署との連携を密にし、チーム医療に貢献できる
    • 看護師が主体的に関わり、他部門とのケアカンファレンスを毎月1回行う

介護病棟

  1. 報告・連絡・相談を密にしながら、安全な看護・介護を提供する
    • 移動、移乗時の皮膚トラブルによる、インシデントを前年度の50%以下に減少させ、 安全に移動、移乗できる
    • インシデント、アクシデントレポートの事例を、カンファレンスや部署会でスタッフ 全員に共有し対策を検討する
    • 院内研修参加率を70%とする

  2. チームワークを深め、お互いに協力し合える環境をつくる
    • カンファレンスや部署会で、全員が意見を出し合える
    • 各委員、各係が、自己の役割を理解し積極的に活動する
    • 気持ちの良い挨拶、声かけができ、何でも言い合える雰囲気をつくる

  3. 他職種との連携を密にし、情報共有に努める
    • ケアプランを見直し、統一した看護・介護を提供する
    • 他職種とのカンファレンスを2ヶ月に1回開催する 

外来

  1. 安全で安心な外来看護を提供する
    • インシデントレポートの早期提出を徹底する(当日もしくは翌日朝)
    • インシデント発生翌日のミーティングで情報共有する
    • 各種検査・指示のダブルチェックを徹底する

  2. 役割意識を高め、業務が円滑に遂行できる
    • 外来検査マニュアルを活用し、評価・修正する(9月、2月)
    • 新しい検査・処置はその都度マニュアルを作成する
    • 変更、作成した内容を報告し、情報共有する

  3. 他部門・他部署との連携を密にし、外来看護の充実を図る
    • 診療報酬改定に伴う、退院を見据えた入院前説明を実施する(手の手術)
    • : 他部門・他部署と連携し、入院前説明の内容を検討する(6月末)
      : 他部門・他部署と連携し、入院前説明のマニュアルを作成する(10月末完成)
      : マニュアルを活用して入院前説明を実施し、評価する(2月)

手術室

  1. 安全で安心な手術看護を提供する
    • 当院における手術室看護基準・看護手順を作成する
    • エビデンスに基づいた洗浄と滅菌、アテストの定着化を図る
    • 手術看護および中材業務の院外研修に参加し、自己研鑽する

  2. 個々の役割を明確にし、チームワークを高める
    • 定期的に月1回、部署会を開催する
    • 手術室内で役割分担を行い、活動内容や変更事項等、情報を共有する 

  3. コミュニケーションを円滑にし、他職種・他部門との連携を図る
    • 全症例で術前訪問を実施し、他部門・他職種と患者情報の共有を図り、手術が円滑に 進むようにコーディネイトする
看護部トップ
看護部長挨拶
看護部基本方針
看護部の目標
看護体制
各部署目標
教育体制
看護部インフォメーション
ページの先頭へ
三好病院
【診療時間】午前9:00-12:00 午後1:00- 3:00
〒663-8112 西宮市甲子園口北町24-9
TEL:0798-67-3505 FAX:0798-67-4255
三好医院
【診療時間】午前9:00-12:00 夜診5:30- 7:00
〒663-8113 西宮市甲子園口2丁目25-1
TEL:0798-67-0605 FAX:0798-67-0681
Copyright © MIYOSHI HOSPITAL All Rights Reserved.