安全で質の高い医療を行い、地域社会へ貢献する 医療法人芳恵会 三好病院 三好医院

診察・検査部門|内視鏡検査

トップページ  >>  診察・検査部門 内視鏡検査

内視鏡検査

内視鏡検査は「苦しい検査」であるので、少しでも患者さまに苦痛を緩和し、安心して受けていただけるように検査を行っております。

上部内視鏡検査(胃カメラ)

苦痛緩和のためにご希望があれば軽い鎮静剤による麻酔下で検査を行うことも可能ですが、口からの内視鏡検査が苦手な方には経鼻内視鏡をお勧めしています。経鼻内視鏡検査では、もっとも苦しい原因となる嘔吐反射(吐き気、オエーとなること)が極めて少なく、検査中に会話が可能であり、検査中の画像を見ながら検査を受けていただくことができます。

注意:鼻出血の頻度が高い抗凝固剤を内服されている方、肝硬変の方、アレルギー性鼻炎で鼻の内腔が狭い方、鼻骨が曲がっておられる方は鼻出血、挿入困難、鼻痛が生じるため 口からの内視鏡検査をお勧めいたします。

下部内視鏡検査(大腸カメラ)

  1. 大腸内視鏡検査の準備
    大腸を詳細に観察するために、腸内の便をきれいにするために検査前日から前処置(食事制限と下剤内服または腸管洗浄剤の内服)が必要となります。
  2. 検査当日の前処置
    検査前に点滴(500ml)を入れて鎮静剤による静脈麻酔を行っております。個人差があり麻酔が効かない方もいらっしゃいますが、多くの方は眠った状態で検査が終了します。
  3. 検査中
    腸を空気により膨らませて観察するため、検査後のおなかが張ったり、気分不良が生じることがありますが、当院では最新の炭酸ガス送気装置を導入しており空気の代わりに空気に比べ腸管での吸収の早い炭酸ガスを使用しているので、検査後の上記症状は緩和されます。
  4. 検査終了後
    麻酔を覚ます薬を投与しますが、外来にて完全に麻酔から醒める(点滴終了)までは安静にしていただきます。

安全対策

  1. 内視鏡検査に伴う感染防止のために検査終了後すべての機材を最新式の洗浄・消毒器を用いてあらゆる細菌・ウイルスを殺菌しております。
  2. 経鼻内視鏡検査では、鼻粘膜を収縮させるために血管収縮剤を使用するため、検査時には患者様の血圧、呼吸状態を把握しながら行っております。
  3. 内視鏡治療や大腸検査においても経鼻内視鏡検査同様に患者様の血圧、呼吸状態を把握しながら行っております。

当院における内視鏡機器

早期がんの発見や胃炎診断のためには鮮明な画像や特殊画像による診断が必要ですが、当院では最新式のLUCERAシステムを使用し、鮮明な高画質画像が得られるハイビジョン内視鏡や早期がんの発見につながりやすいNBIを導入しています。

NBIって何?

Narrow Band Imaging(狭帯域光観察)の略称をいい、特殊な光を使って消化管粘膜表面を観察する、内視鏡の新しい技術です。がんの早期発見につながる技術として、世界中の医療現場での貢献が期待されています。

NBIががんの早期発見につながりやすいのは?

がん細胞は血管から栄養を補給して増殖するため、がんの始まりには近くに小さな血管が集まりやすくなっています。NBIは、こうした特徴に強く反応する特殊な青い光を照らして観察する技術です。この特殊な光の力で初期がんの特徴的な変化をわかりやすく照らし出すので通常の光で観察するより早期発見につながりやすいといわれています。
NBIを用いる検査は、内視鏡の画像ボタンひとつでNBIに切り替えられるため、通常の内視鏡検査と同じように受けられます。経鼻内視鏡検査でもNBIによる検査は可能です。

拡大内視鏡

当院では80倍の光学ズームによる拡大観察が可能な拡大内視鏡を導入しております。電子拡大と組み合わせることで、通常観察の120倍の緻密な観察は可能となります。最新の内視鏡機器との組み合わせにより先のNBI機能を最大限に引き出せるものであり、微細な病変の診断に有用です。

硬度可変機能を持つ大腸ビデオスコ-プ

カメラの硬さを変えられる最新機種を導入しており、患者さまにできる限り苦痛のない検査を行うようにしております。

診療・検査部門
診療時間
外来担当表
スタッフ紹介
内科・外科
整形外科
脊椎専門外科
リハビリテーション
放射線検査
内視鏡検査
薬剤科
ページの先頭へ
三好病院
【診療時間】午前9:00-12:00 午後1:00- 3:00
〒663-8112 西宮市甲子園口北町24-9
TEL:0798-67-3505 FAX:0798-67-4255
三好医院
【診療時間】午前9:00-12:00 夜診5:30- 7:00
〒663-8113 西宮市甲子園口2丁目25-1
TEL:0798-67-0605 FAX:0798-67-0681
Copyright © MIYOSHI HOSPITAL All Rights Reserved.