安全で質の高い医療を行い、地域社会へ貢献する 医療法人芳恵会 三好病院 三好医院

診察・検査部門|放射線検査

トップページ  >>  診察・検査部門 放射線検査

CT検査

CT装置

80列マルチスライスCTを導入したことにより、従来よりも短時間で精度の高い撮影が可能です。被ばく量は従来のものに比べ最大75%の低減が可能となり、息止めも短時間ですみ、患者さまへの負担を最小限にすることができます。
また、造影剤(レントゲンに写る薬を血管内に注入)を使用することで臓器や腫瘍などのさまざまな画像が得ることができます。

腹部画像
腹部画像
腹部血管造影
腹部血管造影
脊椎術後CT
脊椎術後CT

CTを利用した大腸検査

大腸癌一次スクリーニング検査として CTコロノグラフィー(CTC)を導入しました。
CTC検査とは、腸管内に炭酸ガスを送り、CT検査を行うだけで進行大腸癌の有無が判定できます。
大腸内視鏡検査と同様に腸管内をきれいにするため、下剤服用が必要です。この前処置の大変さは内視鏡検査とあまり変わらないです。ただ、腸管内をきれいにしないと便や便汁が残存することにより、癌病変と見誤ることになります。腸管内をきれいにした状態で、 大腸内視鏡検査同様 腸管を炭酸ガスで拡張させますが、大腸内視鏡検査でがカメラを進めていく際に認められる痛みはありません。腸管内に炭酸ガスを注入することで腹満感や腸管が拡張することに伴ういわゆる絞り腹に似た痛みが見られることがありますが、大腸検査に比べてその痛みは軽微です。これまで大腸内視鏡検査はつらいと考え 検査を受けられることを避けておられた方は ぜひ検査を受けてみてください。

CTで検査で得られた情報をもとに、腸管を立体化するだけでなく、内視鏡検査と同じように腸管内をカメラで観察することができます。
図1は 大腸全体の画像で、腸管の走行や病変の有無を確認します。提示したものでは、矢印部分に憩室が認められました。
図2A、2Bは 大腸内視鏡検査で認められたポリ-プと図1で示された憩室の写真です。矢印部分は憩室を認めました。
図2は CTC検査で得られた仮想内視鏡画像です。図2Cはポリ-プ病変を、図2Dは憩室が確認できました。

進行大腸癌や7mm以上のポリ-プについてはCTC検査で検出できます。
ただ、病変ありと診断された場合、進行癌やポリ-プ病変については切除が必要であるか否かは、大腸内視鏡検査により判断されます。

図1
図1
図2
図2

MRI検査

MRIとは、人体に磁気を当て脳や内臓・骨・関節などの画像を様々な角度から撮影することの出来る装置です。
MRI検査は、レントゲンやCTでは写りにくい椎間板ヘルニアの様な軟骨疾患や急性期の脳梗塞などに不可欠な検査となっています。
当院では、トンネル型ではない「オープン型MRI」を導入しています。オープン型MRIはトンネル型と違い閉鎖感や圧迫感が少なく広く解放した環境で検査が受けられるため、閉所恐怖症の方などでも安心して検査を受けていただけます。

MRI
頭部画像
頭部画像
脊髄画像
脊髄画像
膝関節画像
膝関節画像
診療・検査部門
診療時間
外来担当表
スタッフ紹介
内科・外科
整形外科
脊椎専門外科
リハビリテーション
放射線検査
内視鏡検査
薬剤科
ページの先頭へ
三好病院
【診療時間】午前9:00-12:00 午後1:00- 3:00
〒663-8112 西宮市甲子園口北町24-9
TEL:0798-67-3505 FAX:0798-67-4255
三好医院
【診療時間】午前9:00-12:00 夜診5:30- 7:00
〒663-8113 西宮市甲子園口2丁目25-1
TEL:0798-67-0605 FAX:0798-67-0681
Copyright © MIYOSHI HOSPITAL All Rights Reserved.